エナメル上皮腫

エナメル上皮腫

エナメル上皮腫

  • エナメル上皮腫

エナメル上皮種は顎の中にできる歯原性腫瘍の中で最も多くみられるもので、歯を作る組織が異常に増殖して腫瘍化したものです。再発・転移・悪性化するものもあるので、要注意です。結構、臨床現場でたくさん見かけます。

上のレントゲン写真赤丸内は袋がたくさんあるように見えます。これを多房性と言います。この様な所見が下顎の親不知周辺の骨内(下顎枝)に認められると、エナメル上皮種を疑わざるを得ません。上顎にできることは稀です。初期は無痛なため気が付きにくく、歯医者でレントゲンを撮って初めて発見されることが多いのです。腫瘍が大きくなると痛みこそありませんが、顎の腫れや歯の動揺、骨折を起こしたりします。治療の原則は手術です。

腫瘍だけを切除する保存療法を行うこともありますが、再発が多いので手術を何度も繰り返すよりも広範囲に切除してしまった方が良いと判断するケースもあります。
長期の経過観察が必要です。口腔外科を受診しましょう。

川越で矯正治療、インプラント、親不知抜歯、歯周病治療、義歯の上手な歯医者は中台歯科医院