ビタミンB1とビタミンB2の役割

ビタミンB1とビタミンB2の役割

ビタミンB1とビタミンB2の役割

ビタミンB1(チアミン)はダイエットや美容、健康に大きく関与しているビタミンです。
糖をエネルギーに変える働きがあります。糖と一緒にビタミンB1を採って代謝を上げることができるので、糖分を採ってしまったら、ビタミンB1を採り、代謝を上げて、脂肪を燃焼することができます。乳酸の代謝に関わり、疲労回復、肩凝り、筋肉痛を治します。
また、精神を安定させてくれます。ビタミンB1が不足すると憂鬱になったり、疲れが取れなかったり、足がつり易くなったり、脚気になったりします。(脚気とは心不全や末梢神経障害を引き起こす疾患です。心不全によって足のむくみやしびれが起きます。) また、糖をエネルギーに変えるビタミンB1が不足すると糖尿病になり易くなります。
肉類も食べなくちゃ。
 

(ビタミンB1を多く含む食品)
豚ヒレ肉、生ハム、豚もも肉、ボンレスハム、焼き豚、焼きたらこ、 うなぎの蒲焼、生たらこ、豚ロース肉、平茸、ドリアン、抹茶、脱脂粉乳など

アルコールは小腸でのビタミンB1の吸収を阻害し、アルコールを分解してエネルギーを作る際に大量のビタミンB1が必要になるため、アルコールの多飲はビタミンB1不足におちいります。やはり、ダイエット中の飲酒はダメなんですね。

ビタミンB2(リボフラビン)は炭水化物、タンパク質、脂質を燃焼してくれるビタミンです。成長に必要なエネルギーの代謝に関わっているため、成長期の子供や妊婦さんは特に 十分な摂取が求められます。ビタミンB2は消耗した細胞を新しい細胞に生まれ変わらせる役割をしています。髪や爪が伸びるのもビタミンB2の働きです。他には酸素を運ぶ赤血球を作ったり、抗体の生成、甲状腺の機能保持、肌や粘膜の再生など、様々な面で活躍しています。特に脂質の分解に深くかかわっており、ダイエットに大きく関係しています。
脂質は酸化還元酵素、脱水素酵素という酵素によってエネルギーへ転換されますが、この時、ビタミンB2の助けがなければ分解されません。
また、過酸化脂質は細胞を傷つけ、動脈硬化や心筋梗塞を引き起こし、老化を促します。これを分解してくれるのがビタミンB2です。
水溶性ビタミンのため採り過ぎれば尿として排泄されます。
脂質の多い食品の摂りすぎ、ビールの飲みすぎ、激しい運動、肉体労働、抗生物質・精神安定剤の長期投与により大量に使われてしまいます。ビタミンB1、B2 大切ですね。

(ビタミンB2を多く含む食品)

モツ、豚レバー、牛レバー、海苔、スキムミルク(脱脂粉乳)、魚卵(キャビア、すじこ)、アーモンド、わらび、鰻、チーズ、魚肉ハム、魚肉ソーセージ、納豆など

  • ビタミンB1とビタミンB2の役割
  • ビタミンB1とビタミンB2の役割
  • ビタミンB1とビタミンB2の役割

川越で矯正治療、インプラント、親不知抜歯、歯周病治療、義歯の上手な歯医者は中台歯科医院