入れ歯(義歯)自分に合った入れ歯が欲しい

患者さまお一人お一人に合った入れ歯の作成・調整を行っております。義歯のお悩みはぜひ、川越市の中台歯科医院までご相談ください。平日は夜20時まで、土曜は夜18時まで診療を行っております。

自分に合った入れ歯が欲しい|入れ歯(義歯)

  • 標準
  • 拡大

今お使いの入れ歯は快適ですか?

「入れ歯というのは、そもそも咬み心地の悪いもの……」とあきらめて、痛みや違和感を我慢していらっしゃいませんか? 一人ひとりのお口にきちんと合うようにしっかりと調整して作れれば、入れ歯でも快適な咬み心地を再現することは可能です。しかしそのためには、ドクターや歯科技工士の経験や技術が重要です。患者さまのお口に合った入れ歯(義歯)の作製・調整を、川越の中台歯科医院がサポートいたします。

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯には、保険診療のものと自費診療のものがあります。それぞれ特徴が異なりますので、当院ではまず、患者さま一人ひとりのご希望をお聞きし、最適な治療方針をご提案させていただきます。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

  保険入れ歯
保険入れ歯
自費入れ歯
自費入れ歯
メリット
  • 比較的安価に製作できる
  • 製作期間が短い(1ヶ月程度)
  • 修理が容易
  • 使用できる素材や様式が豊富で、咬み心地や見た目などの面で、希望通りの結果を追求することができる
  • 金属床を選ぶと、装着感が良く、食べものの温度も感じやすい
  • 耐久性に優れている
デメリット
  • 使用できる素材が限られる(床はレジンのみ)
  • 部分入れ歯の場合、金属バネを使用するため目立ってしまう
  • 床が厚いため、使用感が劣る
  • 見た目にも入れ歯だとわかりやすい
  • 咬み心地が比較的劣る
  • 耐久性が低い
  • 入れ歯によっては、修理が困難なものがある
  • 製作期間が長い(場合によっては、2~3ヶ月かかることもある)
  • 費用が比較的高額になる

ご自宅での入れ歯メインテナンスのポイント

ご自宅での入れ歯メインテナンスのポイント

入れ歯を快適に使い続けるためには、日々のお手入れも大切なポイントとなります。長持ちさせるためのメインテナンスのポイントを以下にご紹介しますので、ぜひお試しください。

POINT1 研磨剤を含む歯磨き粉は入れ歯を傷つける可能性があります。かならず入れ歯専用のものを使用しましょう。
POINT2 一般的な歯ブラシでは、入れ歯を傷つける可能性があります。かならず入れ歯専用のブラシを使用しましょう
POINT3 汚れたまま長時間放置するのは避け、お手入れはかならず毎日行いましょう。毎食後、水で流して、夜はしっかりと汚れを落とすようにしましょう。
POINT4 入れ歯は乾燥に弱いという特徴を持っているため、取り外している間は専用の洗浄液などに浸して保管しましょう。

当院の装置紹介

ブリッジ
ブリッジ 欠損歯ができてしまった場合に、その両隣の歯を利用してダミーの歯を入れます。自然歯同様に咬むことができますが、残っている歯に負担がかかるというデメリットもあります。
部分入れ歯
部分入れ歯 クラスプというバネと人工歯が一体になった装置で、ブリッジの替わりに使用します。咬み心地の違和感や、入れ歯と歯肉の間にものが挟まることによる痛みなどが起こりやすく、自然な咬み心地は期待できません。
総入れ歯
総入れ歯 上、または下の歯全体の義歯を製作し、装着します。そのため、支える歯がないことによる不安定さ、痛みなどが起こりやすくなります。
ナチュラルデンチャー
ナチュラルデンチャー バネを使用しない入れ歯で、見た目も比較的自然です。
マグネットデンチャー
マグネットデンチャー インプラントを2本埋入し、マグネットを植え込んで入れ歯を安定させます。

入れ歯・ブリッジとインプラントはどう違う?

※表は左右にスクロールして確認することができます。

  ブリッジ
ブリッジ
入れ歯
入れ歯
インプラント
インプラント
費用 保険診療 保険診療 自費診療
咀嚼能力 天然歯に近い咀嚼が可能 咀嚼能力は大幅に低下 天然歯と変わらない咀嚼が可能
審美性 保険診療の場合には、部位によっては銀歯となる 部分入れ歯の場合、金属バネが目立つ 天然歯と変わらない見た目が実現可能
ほかの歯への影響 健康な歯を削らなくてはならない バネをかけている歯に負担がかかる ほかの歯への影響はない
治療期間 比較的短い 比較的短い 比較的長い
治療内容 手術の必要がない 手術の必要がない 外科手術が必要
適応 支える歯がない場合は適応できない ほとんどの場合に適応可能 顎の骨の量などにより、適応できないケースもある